HAPPY NEW YEAR 2018!山頂でお雑煮!

あけましておめでとうございます

皆様!明けましておめでとうございます!
アルココ店長みおです★

 

昨年はアルココをご利用いただきありがとうございました。

自然の中で過ごすことでフッと気持ちが軽くなったり、
ずっと頭の中でグルグルしていた悩み事がいつの間にかちっぽけに思えたり、
自分の周りにはもっと広い世界が広がっていることに気がついてスッと前を向けるようになったり。

自然の中に飛び込むと、自分でもびっくりするくらい
心も体もリセットされて、明日からもまたがんばろう!毎日を楽しもう!って思えるんです。

そんな体験をたくさんの人に感じてほしい。
自然の中に一歩踏み出すきっかけを届けたい。
そんな想いで、2018年もアルココは皆さんを応援していきます!
今年も一緒にアウトドアライフを楽しんでいきましょうね♪

限られた時間をどう使うかは自分次第。
限られた時間でどう感じるのかも自分次第。
どうせなら、ハッピーで楽しい毎日だと思えた方がお得ですもんね♪

竜ヶ岳でダイヤモンド富士

さて!皆さんはもう新年の登山計画はたてましたか?
お正月登山を楽しむ方も多いでしょう。

お正月といえば・・・?
そう!お雑煮!
山ごはんもお正月感を演出して、いつもよりちょっと特別な登山にしませんか♪

新年一発目は食べ物ネタからスタートです・・・(笑)


山頂でつくるお雑煮レシピ


お雑煮って、お正月くらいにしか食べない特別な料理だけど、
山頂で食べるお雑煮は、さらに特別な感じがしていっそう美味しい♪

私も、正月登山で食べるお雑煮は、
あたたかくて美味しくて、この時期ならではの特別感があって、毎回わくわくしちゃいます♪

山頂でお雑煮を食べる

作り方は簡単!あらかじめ家でカットしてきた具材と水をコッヘルに入れてバーナーで火を通し、粉末だしと醤油で味をととのえるだけ。
お出汁ができたら、いったんコッヘルをバーナーから下ろし、焼き網を乗せてお餅を焼きます。

お正月登山で餅を焼く

私はここで我慢できずに磯部巻きにしてつまみ食い。
こんなこともあろうかと、リュックに海苔をしのばせておいてよかった・・・!

お正月登山で餅を食べる

さてさて、お餅が焼けたら、お出汁が入ったコッヘルの中に入れ、軽く温めなおして完成!

山頂でお雑煮を食べる

お餅は最初からコッヘルに入れて煮るのではなく、別で焼いて後入れするのがポイント♪
こうすることで、お餅がどろどろに溶けてコッヘルにくっついちゃう!なんて失敗もありません。
お餅がくっつくと片付けも大変ですからね♪

 

▼お雑煮作りにおすすめのアイテムはこちら▼

 


オススメのお雑煮の具は?


お雑煮って、地域や家庭によってスタイルは様々。
ちなみに、アルココスタッフの定番(だと思っている)具材はこちら!

・店長みお
白菜と大根のみ。たまに椎茸。気が向いたら水菜も。
そこに忘れちゃいけないのが、静岡県民なら何にでも振りかけちゃう魔法の粉「だし粉」をたっぷり振り振り♪

・スタッフめぐみ
小松菜だけ!とにかく小松菜だけ!小松菜だけがたっぷり!

・スタッフふーさん
かつお出汁と醤油の薄めのお出汁に鶏肉と三つ葉をイン!

・スタッフさく
大根と人参とほうれん草!彩り最高!

 

・・・こんなにかぶらないものなんですね!
本当にお雑煮のスタイルは三者三様です。
気になる具材があれば、ぜひ試してみてくださいね~♪


2018年アルココは、皆様にもっと愛していただけるショップになるよう、そして、皆様がもっとハッピーにアウトドアを楽しむことができるよう、スタッフ一同全力で頑張っていきます。

本年も変わらぬご愛顧を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

竜ヶ岳からのダイヤモンド富士

 


※年末年始休業のお知らせ※

2017年12月29日(金)~2017年1月4日(木)は、メール返信・お問合せ・受付業務ならびに商品発送等を休業とさせていただきます。
お問合わせのご返信、ご注文の確認メール等は、1月5日(金)以降順次対応させていただきます。
★なお、この期間中のお買い物は通常通りお楽しみいただけます♪

 

広告

コメントを残す