富士山と星空とキャンプ

こんにちは!
キャンプと美味しいもの(もちろんお酒とセット♪)大好き!
アルココスタッフめぐみです。

先日「朝日が昇る富士山を見たい!」という友人の熱い希望があり
「ふもとっぱらキャンプ場」へ行ってきました!

日付:2017年11月18日~19日
場所:静岡県富士宮市「ふもとっぱらキャンプ場」
最低気温:マイナス4.7度

有名な歌手のライブなども開かれるので、おそらく
キャンパーでなくても知っている、もっとも有名な?キャンプ場。
当日もキャンプイベントをやっていたり、寒い日にも関わらず
沢山のテントが張られていました。

 


■見よ、この富士山を!


 

午前中は雨でしたが、徐々に上がって。。

ででーんっ

1

 

 

夕方近くには、こんな素敵な富士山を見ることができました!!

 


■薪ストーブでおでん


 

お昼はおでん。
自宅近くのおでん屋さんであらかじめ買ってきて温めるだけ。
薪ストーブの上に乗っていると、さらにおいしそうに感じます。

特にこちらのおでん、お肉が山盛り入っているので
お出汁がかなり、お・い・し・い♪

昼間からお酒が進みます(汗)

冬キャンプならではの楽しみです。

2

 


■富士山とオリオン座。


 

とっぷりと日が暮れて。
満点の星空が登場!!

「ふもとっぱらキャンプ場」は原っぱなので
木などの邪魔するものがなく、空が広い!

天の川もきれいに見えます。

頑張って「富士山とオリオン座」をパチリ。
どこにオリオン座があるか、わかりますか・・?

3

 


■夕食はお肉とリゾット!


 

さて、花より団子。富士山よりご飯。笑
お楽しみの夕食の時間です。

今回はお肉大好きな友人のために、塊肉を用意!
タタキにしてバーベキューソースでいただきます。

4

 

リゾットはポルチーニを入れて贅沢に。

 

5

 

余談ですが、この乾燥ポルチーニ、コストコで購入。
かなりお買い得に買うことができるのでオススメ!
けっこうリピートしています。笑

 


■ここでちょっと注意点。


 

1.ここ「ふもとっぱらキャンプ場」はお湯が出ないため
水がかなり冷たい!
食器を洗うためにゴム手袋は必須です。
そして、油などの汚れが落ちにくいので、我が家では
バケツにお湯を入れて、さっと湯通ししてから洗っています。

(ちなみに、お手洗いはウォシュレットがあって温かく大変快適でした♪)

2.また、山から吹き下ろす風がかなり強いことでも有名のようです。
夜中、テントが飛ばされるんじゃないかと思うぐらいの強風が吹き
実際に他の方のタープやテント、シェルターが飛ばされていました。。

アウトドアは自然が相手。
いつも万が一に備えて、ペグは多めに持っていきましょう!

3.冒頭の気温でも紹介しましたが、とにかく寒いです。。

オススメの防寒対策。

・足の裏&背中&腰にホッカイロ。

ひざ掛け

スノーブーツ
(山やキャンプじゃなくても普段使いできちゃいます♪)

ネックウォーマー
(何はともあれ首を温めるのが大事です!)

ダウンジャケット

・ダウンジャケットの上にウィンドブレーカー
(ダウンジャケットを来て、さらに風よけすると本当に温かい!)

Phenix フェニックス フェルン 2.5レイヤージャケット

Columbia コロンビア ワバシュウィメンズジャケット

指が出るタイプの手袋(グローブ)
(ごはんの時など、わざわざ外さなくても大丈夫!)

欲張って紹介しちゃいましたが、キャンプは基本的に
じっとしているので、これぐらい必要です。

 


■富士山と朝焼け。


今回のメインイベント。

「富士山から登る朝日を見たい!」

マイナス5度の気温の中、朝6時起床。

「ふもとっぱらキャンプ場」には、ちょっとした池があり
「逆さ富士」を見ることができるスポットがあります。

6

 

はあ・・素敵です。

こんな素敵な景色を見れるなら、寒さも眠さも
我慢出来ちゃいますね!

富士山と星空とキャンプ。

本当に素敵な1泊2日となりました♪

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す