【アルココインタビューその3】Ricke(リッケ)生みの親・松岡さん

山登りの醍醐味の一つ、「山ごはん」♪
外で食べるごはんってなんであんなに美味しいのでしょう!

 

最初はお弁当やおにぎりを持っていって食べていた人も
慣れてきたらその場でバーナーで調理してみたいな~と思うはず。

自分で山ごはんを作れるようになってくるといろんな料理に挑戦したくなるし
山登りがもっと楽しくなりますよ。

アルココでも山ごはんレシピを何度かご紹介していますが
その時によく登場するのがRicke(リッケ)のクッカーです。
http://arucoco.jp/shopbrand/ct110/

 

今回はRicke(リッケ)の生みの親、和平フレイズ株式会社の
松岡さんをお招きしてお話を伺いました。

01


かわいいデザインが特徴的なRicke(リッケ)のクッカー。
アルココのイメージにぴったりなので
オンラインショップをオープンした2012年当初から取り扱いをさせていただいています。

 

■リッケ誕生のひみつ

02

Ricke(リッケ)を作ったのも2012年ごろだそうで、
なんだかいきなり親近感が沸いてきました!!

 

なぜRicke(リッケ)を作ろうと思ったのですか?

松岡さん
「2012年ごろはちょうど山ガールブームだったんですよね!
マーケティング調査で訪れたデザイン展では
当時山ガールファッションで流行っていたクレイジーカラーの商品が並んでいて
すごく可愛いな~と思ったのがきっかけです。
この可愛らしさを鍋屋さんにも取り入れたい!
そう思ってRicke(リッケ)を作りました。」

たしかに、こんなかわいいクッカー、探してもなかったですよね!

松岡さん
「でもそこで問題だったのが、アウトドア関連のお取引がなかったということです。
今までは家庭用品の調理器具を作っていたので
いきなり登山用のクッカーを作っても販売していただける場所がないなと。。」

アルココでもオリジナルの商品を作る時は
自信をもって作ったとしても
本当に売れるのかドキドキするものです。
新しいことに挑戦する時っていろんな問題点が出てくるんですよね・・

今ではイベントなどで実店舗のような売り方が出来たりもしますが
当時はお互いオンラインショップだけだったので販売方法も限られていて
たくさんの方に知ってもらうことも課題の一つでした。

 

■ブランドの特徴・リッケの想い

03

 

リッケのクッカーを作った時にこだわりはありますか?

松岡さん
「アウトドアのハードルが高かったので
家でも外でも使えるクッカーを目指してつくりました!」

私もリッケのコーヒードリッパーは家で毎日使っています♪
リッケのクッカーは折りたためてコンパクトなんですが、
どれも適度な大きさなので普段使いでも便利なんですよね!

 

松岡さん
「せっかくかわいいデザインで作ってもアウトドアだけで使うのは
もったいないな、と思ったので
家でも使って、たまに外で料理するシーンがあれば
そのまま持ち運べるようなデザインを考えました。」

私たちも山登りをするといっても月一程度なので
せっかく購入した山道具をもっと使う機会がほしいなーと思っていたんです。
これからはリッケのナイフもまな板も、家で使うようにします♪

松岡さん
「リッケ担当のスタッフは4人いるのですが、水筒などはいつも持ち歩いていますね。
私はほとんどの料理をリッケのクッカーで作っちゃいます!」

 

■今人気の商品

リッケのクッカーはどれも魅力的なんですが
その中でも一番人気はどれですか?

松岡さん
「一番人気はやっぱりホットサンドメーカーですね!
イベントでも使うシーンが多くて、具材を変えればいろんなアレンジができるので
1つあると便利です。」

 

アルココのイベントでも毎回登場するホットサンドメーカーですね!
焼き色がカワイイので写真映えするし、
焼きたてのホットサンドはとっても美味しいので
山やキャンプで大活躍です。

04
>レシピはコチラ

このホットサンドメーカーは直火用なので
家のキッチンがIHだった私は外限定で使っていたのですが・・

松岡さん
「実はIHキッチンでも、3口の真ん中がラジエントヒーターの場合は
全然使えるんですよ♪」

なんと!!アルココスタッフ二人ともIHだったのですが
真ん中のラジエントヒーターの使い道を知りませんでした。

ラジエントヒーターはIHヒーターとは違い、
直接熱くなるので炙ったり、網を置いて焼き餅を作ったりもできるんです。

思わぬ情報を手に入れたので家でさっそく作ってみました。
IHと違い、加熱部分が赤くなり発熱するんですね~。

05

結構温度が高いので両面1分弱で出来上がりました♪

06

これで朝ごはんもホットサンドが食べられますね~!

 

松岡さん
「あとはシェラコランダーも人気ですね。」

 

 

これはアルココスタッフも注目していたザルですね!
このサイズは持ち運びやすくてアウトドアにぴったり!
特にキャンプでは野菜の水切りやパスタの湯切りに大活躍しそうです♪

松岡さん
「デザイン性で言うと、リラックスコーヒーポットのブルーも人気です。
この色はなかなか出せない色なんですがオリジナルで作っていてこだわりの色なんです。」

 

 

このブルーすごくキレイな色ですよね!
お部屋のインテリアにも映えるし、私も買うならブルーがいいな。
置いておくだけでも気分が上がりそうです。

 

■カラーチェンジしたおそとパンについて

クレイジーカラーで人気だったおそとパンについてお聞きします。
新カラーはイメージがガラリと変わったレッドとグリーンになりましたが
カラーチェンジしたのはなぜですか?

松岡さん
「2012年に流行ったクレイジーカラーも今となってはちょっと時代遅れになって、
どちらかというと子供っぽいイメージに変わってきました。
そこで今風の色に変更しました。」

なるほど!確かに登山ウェアもカラフルすぎる色が少なくなって
優しい色が多くなってきました。
普段使いでも着られるような素材だったり。
山ガールの歴史も変わってきているんですね!

 

松岡さん
「今回はイラストレーター&キャンプコーディネーターの
こいしゆうかさんとコラボして作ったので
こいしゆうかさんのイメージカラーであるレッドと、
スタイリッシュなコーディネートにも合うグリーンにしてみました。」

ちょっと大人なカラーにシフトチェンジですね。
これならどんな年齢層でも抵抗なく使えそうです。

そして、こいしゆうかさんとのコラボ企画、うらやましいです!
こいしゆうかさんデザインのシャツはアルココでも販売していて
一度お会いしたいと思っていたところ、実は先日イベントでお会いしてお話しさせていただいたんです!

その時のお話はまた次回・・・♪

 

■イベントについて

07

リッケのSNSを見ていると定期的にイベントを開催していて
いつも楽しそうだし、作るメニューがとてもオシャレですよね!

松岡さん
「料理研究家の方たちとコラボしてメニューを作っています。
実店舗がない分、イベントを開いてできるだけたくさんの方に
リッケを知ってもらおうと日々活動しています。」

アルココでもイベントに力を入れていこうと思っているのですが
リッケの今後も目標はありますか?

松岡さん
「今は他社のイベントに参加することがほとんどなので
自主開催のイベントをやりたいですね!
リッケは’家でも外でも楽しめる’というのがコンセプトなんですが、
今後は’こどもと楽しめるもの’’週末楽しめるもの’
という提案もしていきたいと思っています。」

リッケの今後のイベント・商品開発にも期待ですね♪

 

アルココでは引き続きリッケと共に成長していきたいと思っているので
これからはもっと一緒にコラボ企画などしていきていですね!


リッケのクッカーを使った山ご飯レシピはこちら▼

■フルーツを使ったホットサンド

■和風クラムチャウダー

広告

コメントを残す