【憧れの島キャンプ】夏の三宅島キャンプに行ってきました!

こんにちは!店長の石川です!

まだまだ暑い日が続きますが、デスクのカレンダーを見ればもう9月!

あっという間に夏も終わってしまいますね。

 

夏は山に海にキャンプに、アウトドアの幅もぐんと広がります♪

日に日に肌が小麦色になっていった私の夏の思い出を
ぽつぽつとレポートしていきますね~!

 

山登りはもちろん大好きですが、
この夏同じくらいハマっていたのが島でのアウトドア!

 

最近では三宅島で島暮らし体験キャンプに参加してきたので、

その様子をご紹介します☆

 

青くて透明な海、生い茂る緑、火山のつめ跡・・・

大迫力の自然と人のあたたかさを体感できる三宅島!

ぜひ一度体験していただきたい私のおすすめの場所です♪

 

【三宅島 島暮らしキャンプ】

今回は、一般社団法人アットアイランドが主催するキャンププログラムに参加してきました!

アットアイランドは、東京の離島出身の若者たちが

「僕らの育ってきた島々が、
これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」

という想いをカタチにするために活動している団体。

子ども向けから大人向けまで、様々な自然体験プログラムを開催しています。

 

日程:8月19日(金)~8月20日(土)

場所:三宅島
行き方:東京・竹芝客船ターミナルから大型客船に乗船。

22:30竹芝発→翌日5:00頃三宅島着

詳細については東海汽船のホームページをご確認ください。

 

8月18日(木)22:30に東京・竹芝発の大型客船(橘丸)に乗り出発。

 

船からの夜景を見ながら甲板でのんびり過ごすこの時間、たまりません!

 

 

この船の上の時間も島旅の醍醐味!
冒険するぞー!

って感じがわくわくを倍増させる、お気に入りの時間です♪

 

 

翌朝5:00、三宅島到着!
バスに乗って「大久保浜キャンプ場」に移動します。

大久保浜キャンプ場は、何といっても目の前に青い海がどーんと広がる最高のロケーションが魅力!

 

 

早く遊びに出たい気持ちをぐっとこらえて、まずはテント設営。

 

そして午後は海!の前に、少し寄り道して絶景ポイント「伊豆岬灯台」へ。

 

夕日の撮影スポットとしても有名なこの場所。

広い海がただただ広がっていて、いつまでもぼーっと眺めていたい素敵なところでした。

 

噴火で積み重なった火山灰の独特な地層が広がっています。

火山の力強さと海の壮大さを一気に感じることができ、

自然のデカさを体感しました!

 

お昼ごはんは、島の食材を使った料理が魅力の「ギャラリーカフェ Canon」へ。

三宅島の自然を描いた絵画のギャラリーも併設している、とても素敵なお店です。

 

このビーフシチューとところてん、絶品でした!

 

さて!いよいよ待ちに待った海~!

たまらず飛び込み!

 

私はギリギリまでビビッていましたが、1回やってみるとやみつきです!

これ、楽しい!

シュノーケルとフィンを付けて海中観察。

 

 

こんなにいろいろな魚をこんなに近くで見たのは初めて!

ファインディングニモで有名なクマノミやウツボ、フグもいましたよ~!

 

 

潮が満ちてきた浜辺でビーチボール!

 

足元に水があるので思いっきりスライディングしても痛くない!

球技は苦手中の苦手ですが、いつもより積極的にプレーできた気がします(笑)

散々遊んだあとはキャンプ場に戻って休憩。

夕日を見たり

 

 

スイカ割りをしたり

 

種飛ばし大会をしたり

 

島での時間を満喫しました!

 

そして夜ごはん。
メニューはタコライスとスープ!

 

外で作って食べるご飯はなんでこんなに美味しいんでしょうね。

 

実はこの日、台風が近づいてきていたんです。

私たちが乗るはずだった帰りの船の欠航が決まり、

2泊3日のキャンプは1泊2日に急遽予定を変更。
翌日の船で帰路に着くことに。

 

自然は想像を超えるもの。

想像をはるかに超えるほど素敵で感動的な景色に出会えることもある。

けれどその一方で、想像を超える危険や不都合に直面することもある。

それでも、すべてをひっくるめて自然を受け入れる。

すべてをひっくるめて自然を楽しむ。
それが自然の醍醐味だし、

外あそびの醍醐味だな~と改めて感じました!

 

その時じゃないと味わえない光景や感情、

経験を全部吸収したいなって!

 

ということで、海辺のこのキャンプ場は夜になると高波や風の影響で危険なため、

アットアイランドの事務所兼島の寺子屋兼島暮らし体験の拠点である

「島感舎(とうかんしゃ)」へ移動して1晩過ごすことに♪

 

 

島の食材でおつまみを作って、
お酒を飲みながら夜中までわいわい過ごしました。

 

 

この修学旅行みたいな空気感、
懐かしくて楽しくて、ついつい夜更かししてしまいます。

翌日は早起きして、船が出るまでの時間を使って三宅島めぐりに出発です♪

ネイチャーガイドであるアットアイランドのスタッフ「こうちゃん」が案内をしてくれます。

 

ひょうたん山を望む三七展望台。

 

噴火で鳥居が埋まってしまった椎取神社。

 

火山ガスの影響で立ち枯れしてしまった独特な形状の木が印象的ですが、

よく見ると緑の葉が生えてきていたり、森の再生を感じられる場所でした。

 

他にも大自然の力を目の当たりにできる名勝地や史跡をめぐり、

最後に立ち寄ったのが大路池。

 

ここはかつての噴火の火口だった場所です。

この周辺はその後の噴火の被害を受けにくい地形だったため、

今でも緑の樹木がたくさん残っています。

アカコッコをはじめとする野鳥が多く見られるので

バードウォッチングのスポットとしても人気です。

 

なんだか、植物や緑の深さがいつも見ている山の中の光景に似ていて、

とても落ち着く場所でした。

近くには天然記念物に指定されている「迷子椎」の巨木があります。

 

三宅島をぐるっと1周まわったところで、出航の時間になりました。

 

船の上では島のりのお弁当を食べて、

最後の最後まで島の空気を堪能♪

 

短い滞在でしたが、島の自然を堪能できたのはもちろん、

火山の迫力やつめ跡、島の人の暮らしを垣間見ることができ、

好奇心が刺激された濃い時間でした。

 

周期的に噴火を繰り返している三宅島。

でも、また帰ってきたくなる、また見たくなる、また感じたくなる、

そんな素敵な景色や空気、暮らしがあることを体感できました。

 

きっと三宅島に住み続けている島民の方は、

自然のいい面も悪い面も全てを受け入れて、自然とともに暮らしているんだなと。

そして、噴火を繰り返してもまた戻ってきたくなる、

そんな自然や暮らしをもっと知りたい、もっと触れたいと感じました。

きっとまた近々行くんだろうな~。

 

 

今回のキャンププログラムを開催してくれたアットアイランドでは

これからの季節も島体験プログラムを開催予定だそうです!

気になる方はぜひ一度、この大自然に触れてみてください☆

 

 **おまけ**

台風のためイレギュラーな航路になった帰りの船。

途中、大島で一時停泊しました。

お!大島上陸のチャンス!!

ということで、プチ大島散策してきました!

 

浜辺を抜け、トンネルをくぐるり、階段を登りきると、てっぺんにカフェ発見!

 

 

青い海を眺めて、島の風を感じながら飲む冷たいドリンク!
最高です!

束の間でしたが、船旅ならではの(私にとっては)嬉しいアクシデント。

 

一度に2島を味わえて、ちょっとお得な気分でした♪

 

島旅に行ってみたい方は是非参考にしてみてくださいね~~!

 

アルココでは秋冬先取りセールを開催中!お見逃しなく!

広告

コメントを残す