1度は行ってみたい憧れの島!屋久島特集

 

今年こそ屋久島へ!!

屋久島のルートやファッション、観光スポットなどを

実際にアルココ店長が縄文杉往復コースを歩いてレポートしました!

なかなか行くことのできない場所だからこそ、

しっかり準備して最高の思い出にしてくださいね♪

ではさっそく、アルココの屋久島特集をチェック!!

■屋久島ってどんな場所?

屋久島の中央は山々が集結しているため、島の形に沿って海側にしか道路がありません。

車で移動の際は、島をぐるっと回るように島の形に沿って移動をしていきます。

島一周は約100キロ、車で約3時間で回れます。

また、島の20%が1993年に世界自然遺産にも登録され、

ハイキングや登山を楽しむ人で毎年人気のトレッキングスポットです。

>>詳しくはこちら

 

■屋久島までのアクセス

伊丹(福岡)空港と福岡空港、鹿児島空港からは屋久島までの直行便が出ていますが、

現在のところ、上記空港以外からは直行便が出ていないため

鹿児島空港からは飛行機か船で行くことになります。

・高速船(トッピー&ロケット)

鹿児島港から屋久島へは、直行便の場合約1時間45分で到着します。

>>詳しくはこちら

■屋久島トレッキングコース紹介

屋久島ではどのコースも屋久島の見どころがいっぱいです。

苔が生い茂った緑の世界を歩き続け、歴史のある有名な屋久杉を見ながら歩くので

全てを写真で押さえたくなるほど撮影スポットがたくさん。

一生の思い出になるはずなのでカメラは必ず持っていきましょう♪

 

ヤクスギランド(初心者向き)

初心者さんやお子さまにもおすすめな、お散歩がてら手軽に楽しめるコースです。

30分コース、50分コース、80分コース、150分コースと

自分に合ったコースを選ぶことができるので初心者さんでも安心です。

白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)(初級~中級向き)

もののけ姫の舞台にもなったコース。

弥生杉、二代大杉、三本足杉などの大きな屋久杉の他にも、

くぐり杉や辻の岩屋、太鼓岩、さつき吊り橋など来たら写真を撮るべきスポットが満載です。

1時間、3時間、4時間、8時間の4つのコースから選ぶことができます。

縄文杉往復コース(中級~上級者向き)

人気No.1!屋久島のシンボル・縄文杉を見ることのできる縄文杉コース。

屋久島に来たからには見て帰りたい縄文杉が最後の最後に待っててくれています。

往復で約9時間かかるため朝5時台の登山口行きのバスには乗りましょう。

>>アルココ店長のトレッキングレポートはこちら

 

宮之浦岳(中級~上級者向き)

標高1,936mの九州最高峰を満喫できるコース。

泊まりの荷物を持ち、2日間の日程で歩くため登山経験がないと難しいコースです。

山小屋を使用する際、混雑時は譲り合って使用しましょう。

 

>>各コースの詳細はこちら

屋久島トレッキングの特徴・コーディネート

 

季節別のコーディネートをご紹介。

5月から9月中旬

日中は長袖シャツ1枚でも大丈夫ですが、

昼間でも宮之浦岳辺りでジャケットが必要になるほど寒くなります。

9月下旬から11月上旬

歩きやすさと防寒重視!あったかウェア×歩きやすいロングパンツコーデがおすすめ。

>>屋久島トレッキングのコーディネート詳細はこちら

 

屋久島の魅力・観光スポット

屋久島に来たからには絶対に見たいのが屋久杉!

その中でもトレッキングで一番人気のコース・縄文杉往復コースなら

樹齢7,200年とも言われる縄文杉を見ることができます。

島だからこそ楽しみたいきれいな海!

屋久島自体が海に囲まれていることもあり、

屋久島には永田いなか浜、一湊海水浴場、春田浜海水浴場、栗生浜海水浴場、塚崎タイドプールなど海を楽しめるスポットがたくさん!

屋久島産の魚料理が絶品!

屋久島グルメとして有名なのが、トビウオ、首折れサバ、つけ揚げ!

屋久島では一年中トビウオがよく獲れます。

お刺身でもまるごと唐揚げでも人気なグルメです。

 

>>その他まだまだあります!屋久島観光スポットはこちら

 

 

いかがでしたでしょうか。

屋久島と言えば縄文杉が有名ですが、

その他にも魅力的なスポットがたくさんあることを

知っていただけたかと思います。

 

日本屈指のパワースポット、屋久島。

植物や生き物の生命力の強さを間近で感じられる

素晴らしい場所です。

自然を全身で感じながら、最高の旅を満喫してくださいね!


広告

コメントを残す