秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

あと1ヶ月もすれば、秋登山のシーズンです!

今回はアルココスタッフが去年行った「尾瀬」の様子をご紹介いたします。

一面黄金に輝く尾瀬の景色を是非お楽しみください。


尾瀬は10月上旬が紅葉のピーク。

10/10の深夜から11日にかけて、尾瀬の紅葉を見に行ってきました!

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

今回は中級登山コースに挑戦するため、あえて過酷な富士見峠コースへ。

———————————————————

富士見下→富士見峠(山小屋有り)→竜宮→尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原まで約6時間のコースです。

※帰りは逆戻り

———————————————————

深夜4時過ぎに「富士見下」に到着。

ここには30車限定の無料駐車場があるので、そこに駐車し登山準備。

この時の気温は約5度と極寒だったので、フェニックスのロングスリーブTシャツ

フォックスファイヤの軽量ダウンベスト、マーモットのジャケットを羽織っても寒いくらい!

 

>>尾瀬の山ガールコーデ詳細はここからチェック

でも最初が緩やかな登り坂なので、体が温まり1時間ほどでダウンベストは不要になりました。

登山の温度調節って難しいですね~。

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

出発したころには、キレイな満月がみえて、星空もキレイでした!

ここで大活躍したのがヘッドランプとランタン☆

急な登山道だったらヘッドランプがオススメですが、

尾瀬はなだらかな坂道が続くので、途中まではランタンでも大丈夫です。

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

DOPPELGANGER ドッペルギャンガー チョウチンランタン

こちらのランタンはハンドライトにもなるし、

キャンプではロウソクモードでユラユラとした光を放ちます。

ちょっとだけ電気をつけたいなど、夜の社内や倉庫などでも役立ちますので

1つ持っておくと便利ですよ。

 

綺麗な空を見ながらゆっくり進んでいたら、

あっという間に明るくなり、富士見峠へ行くまでに朝日が昇っていきました♪

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~ 秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~
秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

そして紅葉もピーク!!

赤・黄・茶・緑が混ざり合った大自然に囲まれて

1年分の紅葉を満喫した気分です^^

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~ 秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~ 秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

今日は秋晴れでいい天気だったので、景色は最高!

どこを見ても素晴らしい景色を見せてくれます。

ちなみに、富士見峠までは6.3kmと結構な距離があります。

段差がほとんどない緩やかな坂道なので

歩くのは苦ではありませんが、砂利道+大量の枯葉で少し滑りやすくなっています。

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

最初は景色を楽しみながら行きましたが、途中からは急な下り坂でヘトヘトになりますよ。

尾瀬ならハイキング程度で~♪と侮ってはいけません。

登山靴で行かないとかなり苦戦すると思います。

 

そして富士見峠に到着!

到着したのは朝8時頃でしたが、もはや時間感覚がおかしくなっているので

お昼かと思ってしまいました。

そのくらい、午前中だけでも達成感のある登山道でした!

ここには山小屋(富士見小屋)があり、お昼を食べたり、近くで水が汲めたりします。

トイレもあるので(女子トイレ洋式有り)必ず済ませてから次へ進みましょう。

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

富士見小屋には尾瀬の看板があるので記念撮影☆

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

大きなマップがありました。

 

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

山小屋店内はこんな感じ。結構広いです。

 

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

水汲み場。

 

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

地図の近くには尾瀬のパンフレットが置いてあります。

 

さて、富士見小屋を出ると、いよいよ尾瀬らしい世界に、

階段を下ると池や木道が現れテンションが上がります!

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~ 秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~ 秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

黄金色のすすきで敷き詰められた景色に圧倒されました。

しばらくこちらで景色を楽しんだら、いよいよ尾瀬ヶ原へ向かいます。

途中までは木道で歩きやすいのですが、

遠くに尾瀬ヶ原が見えてくるあたりから少しずつ過酷な下り坂に。

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~ 秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

しかも下り坂の距離が結構あるのでかなり体力が奪われます。

行きが下りなので、膝への負担が半端ない。。

女子には少し幅が大きい階段も多いので気合で下りましょう!

帰りはこの道をを引き返すので、過酷な登り坂となることもお忘れなく。笑

(でも、下りよりも楽でした♪)

そして山小屋から2時間ほど進み、尾瀬ヶ原分岐点に到着~!!

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~
秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~
秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

奥に進むと休憩できる場所があり、

お昼を食べる方が多かったです☆

他にも、お昼寝をする人、写真を撮る人などおのおの満喫していました。

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~
秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

視界一面で収まりきらないので、パノラマ撮影がオススメです♪

>山ガールのカメラ講座はこちらから

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

このころには、ジャケットを脱ぎ、ロングスリーブTシャツのみで

歩いていましたが、止まると寒くなるので羽織ものは必須です。

(気温15度前後)

ここにある山小屋は「龍宮小屋」。

 

秋の紅葉 ~尾瀬ヶ原 富士見下コース~

ここでしっかりと休憩をとって、今回は来た道を戻り帰りました☆

尾瀬ヶ原にたどり着くまで約6時間かかりましたが、

普通の登山ではなかなか見ることのできない

尾瀬らしい景色をたくさん見ることができて大満足!

 

本当だったらもっと奥まで行きたかったのですが、ガッツリ登山してきたので体力的に限界でした。笑

でも尾瀬ヶ原分岐点まででも素晴らしい紅葉をたっぷり見ることができるので十分!

おかげさまで、寒かったり汗をかいたりと

冬登山の体温調節の難しさや必要なものが再確認できたので登山スキルがUPした気がします。

 

そして最後に、今回の尾瀬登山での教訓を!

 

■食料は多めに持っていきましょう。

緩やかなハイキングコースでも、長距離を歩きますので

甘いものやエネルギーになる食べ物は多めに持っていきましょう。

山小屋まで結構な距離があるのと、朝方だとお店がやっていない場合もあるので

各自用意したほうがよさそうです。

 

■ミドルジャケットを準備しましょう

秋の尾瀬は気温差が激しいので、体温調節用のミドルジャケットが1枚あると便利です。

 

■ストレッチを忘れずに

基本中の基本ですが、出発前のストレッチと、帰ったあとのストレッチは忘れずに!

私は次の日筋肉痛でしたが、ストレッチを念入りにやっていたので

そこまでひどくありませんでした。

行く前のストレッチは忘れがちなので、しっかり準備運動をしてくださいね。

 

■熊ベルを持っていく

実は、尾瀬は熊が出るんです。

今回熊ベルを持っていくのをすっかり忘れていて、

夜中の登山は若干ビビっていましたが、周りの方の熊ベルが響いていて安心しました。

万が一のことも考えて、熊ベルは用意しておいた方が良いかもしれません。

 

以上、秋の尾瀬レポートでした。

次の記事もお楽しみに~。


広告

コメントを残す