山ガールは絶対気になる!富士山のトイレについて

 

富士登山に挑戦する山ガールにとって一番気になること、それはトイレ!

「富士山のトイレってきれいなの?」

「どんなタイプのトイレなの?」

「トイレの際の注意は?」

などなど、トイレのことだけでも疑問がたくさん!

女性が気になるトイレのあれこれをまとめました♪

山ガールは絶対気になる!富士山のトイレについて

◎富士山のトイレについて

富士山のトイレは昔はタンクに排泄物を溜めて、富士登山シーズン終了後に山腹に投棄していましたが、もちろんこれはちり紙などのごみが山に残ってしまい、環境・景観共に良くありませんでした。

そこで、国と県、各山小屋が協力し

2006年度までにすべてのトイレを環境対応型トイレへ変更しています。

これらのトイレは莫大な維持費がかかるため、

富士山のトイレは全て有料(約200円)となっています。

 

普段の生活では考えられないような高い場所にトイレが設置され利用できることに感謝して

富士山の環境・景観を守るためにもしっかり利用料を払って使用しましょう。

 

 

◎環境対応型トイレの種類

富士山では主に3種類のトイレが設置されています。

使用するトイレによってルールが異なるため、

トイレ内の張り紙等をしっかり確認し、それに従い利用しましょう。

 

①浄化循環式(カキ殻)タイプ

カキの殻を使用して、複数の処理水構内で微生物の働きによってし尿を分解処理し、

汚水を浄化して再利用する方法です。

薄い層が何枚も重なったような特殊な形状をしているカキの殻は

汚水を綺麗にしてくれる微生物の格好の住処になります。

家庭のトイレのような使用感で、においも少なく清潔で使いやすいのが特徴です。

須走ルートで多く見られます。

*使用方法*

家庭用の水洗トイレとほぼ同じ使用方法ですが、

処理構内に汚染がたまりやすいためトイレットペーパーを便器に捨ててはいけません。

専用のごみ箱が設置されているので、トイレットペーパーは必ずゴミ箱へ捨てましょう。

 

②バイオ式オガクズタイプ

処理構内に入れられたオガクズの微生物で、し尿を分解します。

定期的に補充・交換されるオガクズは肥料として利用されることも。

富士宮ルートや御殿場ルートの山小屋で多く見られます。

 

*使用方法*

使用後にオガクズとし尿をかき混ぜるため、

「ボタンを押す」「ふたを閉める」「ドアを閉める」

などの動作が必要です。

また、備え付けのペーパーや、水に溶けるティッシュ以外の紙は使用してはいけません。

※使用済みペーパーを別の容器に入れる場合もあります。

③焼却式タイプ

尿をバーナーで焼却するタイプ。

ダイオキシンが発生しないよう高温で焼却し、焼却灰は廃棄物として処理されます。

吉田ルートの山小屋で多く見られます。

 

*使用方法*

焼却処理をするので、使用済みペーパーも便器に捨てても良いが、

大量のペーパは焼却装置へ送るポンプが詰まる恐れがあるので禁止です。

◎富士山トイレでのマナー

シーズン中の2か月半で30万人ほどが登山を楽しむ富士山。

土日となるとトイレも非常に混雑するので、

しっかりマナーを守って快適にトイレを利用しましょう!

山ガールは絶対気になる!富士山のトイレについて

■小銭の準備をしっかりと

富士山のトイレは基本は有料です。

多くのトイレが200~300円程度のチップ制のため、

小銭の用意は忘れずに。

 

■トイレのごみ投棄禁止

どのタイプのトイレもパイプが詰まる原因になるので、

トイレにごみを捨てるのは禁止です。

特にバイオ式オガクズタイプのトイレはたばこの投げ入れは

火災の原因になるので絶対に禁止です。

 

■トイレ内での休憩・仮眠は禁止

登山客で混みあっているとなかなか休憩場所の確保をするのも大変ですが、

中にはトイレで休憩・仮眠をとってしまう登山客も・・・

気温の下がる夜間や悪天候時に避難所としてトイレを利用するのは、

本当にトイレを必要としている他の登山客に迷惑がかかるので絶対にやめましょう。

このようなことがないようにしっかり登山計画を立てて、富士登山に臨みましょう。

 

■生理用品は必ず持って帰りましょう

富士山のトイレでは生理用品を捨てることは絶対に禁止です!

登山客が捨てた汚物は、女子従業員が一つ一つ拾って下に持って降りています。

生理用品はもちろん土には返らず、山小屋の運営者、

トイレの管理者の皆さんに多大なる迷惑をかけてしまいます。

もし、富士登山計画と生理が重なってしまった場合は、

登山計画の時期をずらし、それでも富士登山をすることになった場合は、

必ず自分の汚物は自分で下まで持ち帰りましょう。


いかがでしたでしょうか。

富士登山のマナーを守って、

事前にしっかり準備していきましょう♪

 

山ガールは絶対気になる!富士山のトイレについて
広告

コメントを残す